メインメニュー
学校紹介
学校評価
垣生中日記のカテゴリー

2020年2月26日(水曜日)

ときめき学習発表会

カテゴリー: - habu08 @ 17時17分57秒

2月14日(金)

コミュニティセンター キャメリアホールにて、ときめき学習発表会が開催され、5、6組の女子2名が出場しました。今年も垣生小学校のみなさんと、ダンスありストレッチ体操あり長縄跳びありの盛りだくさん。アルトリコーダー演奏による「パプリカ」や、手話をまじえた歌「にじ」などを発表しました。ここまで上達するには、毎日一生懸命に練習を重ねてきました。垣生小学校のみなさんとは数回、合同練習しただけですが、本番で、毎日練習した成果を発揮し、最高の演技を披露することができました。

                                 


2020年2月25日(火曜日)

新入生説明会

カテゴリー: - habu08 @ 10時02分10秒

 2月21日(金)垣生小学校等の小学6年生と保護者の方を対象に新入生説明会を行いました。「垣生中学校の特色と教育内容」「学校生活のきまり」「校納金の手続き」「入学式」について、説明しました。約40分ほどの説明でしたが、しっかりと聞いてもらえました。この後、学用品販売が行われました。残り少なくなった小学校での生活を思い出深いものにするとともに、中学校入学の準備も整えてほしいと願っています。来年度の4月9日(木)の入学式での再会を楽しみにしています。

                      3_7.JPG 


2020年2月6日(木曜日)

入試に向けての面接練習

カテゴリー: - habu08 @ 10時04分39秒

  3年生は、12月から入試に向けて面接の練習をしています。身だしなみを整えたり、志望動機を明確に伝えたりして、自分のことを上手くアピールできるように練習を重ねています。最終は、校長先生による面接です。緊張感漂う中で、真剣に練習に臨んでいます。

 IMG_01602.jpg IMG_01612.jpg


少年の日記念集会について

カテゴリー: - habu08 @ 07時52分21秒

 2月4日(火)、2年生が少年の日記念集会を行いました。校長先生より次のようなお祝いの言葉をいただきました。「先日、大相撲初場所で、徳勝龍関が33歳5か月で初優勝を成し遂げました。33歳という年齢での初優勝は、日本出身の力士としては最年長記録だそうです。奈良県出身の徳勝龍関が相撲と出会ったのは小学校4年生の頃。知人の勧めでわんぱく相撲に出場し、圧倒的な強さで県代表になりましたが、全国大会では4回戦で敗退しました。その負けた悔しさから本格的に相撲を始め、県外にある高知県の高校に進み、その後大学を経て、大相撲の世界に入り、初土俵から11年目で栄冠を勝ち取りました。お母さんは「泣き言や『相撲を辞めたい』という言葉は聞いたことがない」と言いいます。同じ年齢の力士が横綱や大関になり引退しても、徳勝龍関はあせることもなく、優勝インタビューで『まだ33歳と思って頑張る』と決意を新たにしていました。大好きな相撲で強くなりたい、という志を立てて、それに向けてたゆまぬ稽古で心身を鍛え、まだまだこれからと、自分を高めていく姿に、私たちも見習うべきことが多いのではないでしょうか。これから、皆さんは大人への一歩を踏み出していきます。少年の日を境に、これまでの自分を振り返り、5年後や10年後の自分をイメージして、新たな目標をつくり、そしてその目標の実現に向けて、努力を積み重ねてほしいと思います。皆さんには無限の可能性があります。自分を信じ、友を信じ、家族や出会いに感謝し、夢の実現に向かって、勉強や生活で自分を鍛えて、自分自身を磨いてください。」 

 校長先生からのお話の後は、垣生地区の社会福祉協議会会長から記念品とお祝いの言葉をいただきました。

 2年生は一人ひとりが書いた決意の漢字を掲げながら自分の決意を発表しました。最後に2年生全員で「春に」を合唱しました。 

 3月5日(木)には、「しまなみウォーク」を実施の予定です。糸山公園から亀老山に向け15Km歩きます。これからの2年生の成長が楽しみです。

 SONY DSC                       SONY DSC                      SONY DSC

                       4RIMG0154.jpg

 

 


2020年1月24日(金曜日)

放射線に関する出前授業

カテゴリー: - habu08 @ 17時07分36秒

1月23日(木)・24日(金)に、3年生対象で放射線に関する出前授業が実施されました。

 公益財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館の事業で、本事業認定講師、愛媛大学医学部にある愛媛大学学術支援センター病態機能解析部門の岩 智之博士(医学)を講師に招き、3年生4クラス、2日間で8時間授業を行っていただきました。

   初日、ウィルソンの霧箱を用いてモナズ石やラドン220から放射される放射線の軌跡を観察しました。

 2日目、放射線量測定器(はかるくん)を用いて、教室の放射線量を測定したり、船底塗料の添加剤から出る放射線量を測定したりしました。シャーレの中で、初めて見る放射線の軌跡に見入っていました。

 学習を通して、放射性物質と放射能、放射線のそれぞれの違いや放射線は見えない、放射線を受ける量が多くなると危険であるなど正しい知識を理解することができました。また、東日本大震災の福島原発の被害に対する風評被害やいじめ問題についても深く考えることができました。

DSC_0577 DSC_0579 DSC_0602  DSC_0620 DSC_0647 DSC_0584 DSC_0651


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立垣生中学校